RGS680-ロイヤルガーデンサラダ-トップへ

2004年04月12日付けTOP10

  1. Moments(浜崎あゆみ)
  2. アルエ(BUMP OF CHICKEN)
  3. OH JAPAN〜OUR TIME IS NOW〜(TMG)
  4. 全てが僕の力になる!(くず)
  5. ありがとうのうた(V6)
  6. さくらんぼ(大塚愛)
  7. 桜(03.12)(河口恭吾)
  8. やさしいキスをして(DREAMS COME TURE)
  9. Jupiter(平原綾香)
  10. 本日のスープ(大泉洋 with STARDUST REVUE)

の中から今週の「聴いてみ!」は、

「Moments」ジャケット1位
Moments
浜崎あゆみ
作詞:ayumi hamasaki
作曲:Tetsuya Yukumi

メールマガジン
『はやり歌なら、これ聴いてみ!』

メルマガ紹介ページ

■メールマガジン登録

■メールマガジン解除

Powered by まぐまぐ

■バックナンバー

第118回「POP STAR」平井堅
第117回「どうよ?」nobodyknows+
第116回「蒼の世界」レミオロメン
第115回「Sweet Mom」柴咲コウ
第114回「Be My Last」宇多田ヒカル
第113回「気がつけば あなた」松浦亜弥
第112回「ENDLESS STORY」REIRA starring YUNA ITO
第111回「スタート」KREVA
第110回「GLAMOROUS SKY」NANA starrting MIKA NAKASHIMA
第109回「8月のクリスマス」山崎まさよし
第108回「東京」福山雅治
第107回「奇跡/夏陰/サナギ」スガシカオ
第106回「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」サンボマスター
第105回「BANG!BANG!バカンス!」SMAP
第104回「BOHBO No.5/神の島遥か国」サザンオールスターズ
第103回「未来」Mr.Children
第102回「Butterfly」倖田來未
第101回「Here I Am/New Album Playlist」globe
第100回「Dreamland」BENNIE K
第99回「小さな恋の夕間暮れ」森山直太朗
第98回「I am a father」浜田省吾
第97回「恋におちたら」Crystal Kay
第96回「たしかなこと」小田和正
第95回「君の思い描いた夢 集メル HEAVEN」GARNET CROW
第94回「ループ」坂本真綾
第93回「I Wanna Go To A Place...」Rie fu
第92回「親愛なるあなたへ...」ロードオブメジャー
第91回「影踏み」一青窈
第90回「僕たちの行方」高橋瞳
第89回「絶望と希望」川嶋あい
第88回「リルラ リルハ」木村カエラ
第87回「Delightful」鈴木亜美
第86回「チェリッシュ」NEWS
第85回「ツバサ」アンダーグラフ
第84回「*〜アスタリスク〜」ORANGE RANGE
第83回「feel my soul」YUI
第82回「三国駅」aiko
第81回「NO MORE CRY」D-51
第80回「未来の地図」Mi
第79回「Love, needing」倉木麻衣
第78回「JOY」YUKI
第77回「CALL ME」YOSHII LOVINSON
第76回「青いベンチ」サスケ
第75回「Anniversary」KinKi Kids
第74回「マツケンサンバII」松平健
第73回「楽園」Do As Infinity
第72回「僕はMusic」CHAGE&ASKA
第71回「泣いたりしないで」福山雅治
第70回「花」ORANGE RANGE
第69回「チキンライス」浜田雅功と槇原敬之
第68回「思いがかさなるその前に…」平井堅
第67回「君に逢いたくて」Gackt
第66回「育つ雑草」鬼束ちひろ
第65回「遭難」東京事変
第64回「永遠にともに」コブクロ
第63回「innocent starter」水樹奈々
第62回「仮面ライダー剣 ELEMENTS」RIDER CHIPS Featuring Ricky
第61回「永遠のともだち feat.AKIHITO OKANO」Fairlife
第60回「ジグソーパズル」ソニン
第59回「シスター」ポルノグラフィティ
第58回「時の舟」松たか子
第57回「クライマックス」スガシカオ
第56回「Home Sweet Home」YUKI
第55回「紅く燃ゆる太陽」NEWS
第54回「INSPIRE」浜崎あゆみ
第53回「僕が一番欲しかったもの」槇原敬之
第52回「女子かしまし物語」モーニング娘。
第51回「Wonderland」稲葉浩志
第50回「GALAXY」RIP SLYME
第49回「スカイウォーカー」奥田民生
第48回「かけがえのないもの」ZARD
第47回「風/贈る言葉」上戸彩
第46回「ココロオドル」nobodyknows+
第45回「桜木町/シュミのハバ/夢の地図」ゆず
第44回「LOVE&HONEY」倖田來未
第43回「ループ&ループ」ASIAN KUNG-FU GENERATION
第42回「Motherland」Crystal Kay
第41回「涙」ケツメイシ
第40回「瞳をとじて」平井堅
第39回「Old Fashioned Love Song」RAG FAIR
第38回「彩〜Aja〜」サザンオールスターズ
第37回「アルエ」BUMP OF CHICKEN
第36回「Moments」 浜崎あゆみ
第35回「青春謳歌」 3B LAB.☆
第34回「全てが僕の力になる! 」 くず
第33回「Pieces」 w-inds.
第32回「GLORY DAYS」175R
第31回「まっ白」小田和正
第30回「やさしいキスをして」DREAMS COME TURE
第29回「さくらんぼ」大塚愛
第28回「スターゲイザー」スピッツ
第27回「街角-on the corner-」ゴスペラーズ
第26回「太陽」森山直太朗
第25回「世界に一つだけの花」SMAP
第24回「Jupiter」平原綾香
第23回「桜(03.12)」河口恭吾
第22回「悲しみをやさしさに」little by little
第21回「心に花の咲く方へ」ASKA
第20回「Our Christmas」久保田利伸
第19回「ラブラブ マンハッタン」TOKIO
第18回「YOUR NAME NEVER GONE」CHEMISTRY
第17回「掌/くるみ」Mr.Children
第16回「夢物語」タッキー&翼
第15回「ビバ★ロック」ORANGE RANGE
第14回「SECRET LOVE STORY」氣志團
第13回「僕と不良と校庭で」山崎まさよし
第12回「BEAUTIFUL DREAMER」GLAY
第11回「きみをつれていく」安倍麻美
第10回「AMBITIOUS JAPAN!」TOKIO
第9回「メリッサ」ポルノグラフィティ
第8回「HOW TO GO」くるり
第7回「一人ジェンガ」矢井田瞳
第6回「思い出だけではつらすぎる」柴咲コウ
第5回「虹」福山雅治
第4回「Beautiful Fighter」鬼束ちひろ
第3回「薄荷キャンディー」 KinKi Kids
第2回「アンドロメダ」 aiko
第1回「H・A・N・A・B・I〜君がいた夏〜」ZONE

第36回「Moments」 浜崎あゆみ

テレビを見ていて浜崎あゆみを見ない日ない。CMでも歌番組でも、街を歩けば広告でも。彼女の歌は、歌詞がいいと多くの人が言うのを聞く。今回は「Moments」を取り上げ検証してみる。

●浜崎あゆみって?
→公式サイト

浜崎あゆみ(はまさきあゆみ):1978年10月2日生 福岡県出身
1998年4月、「poker face」で歌手デビュー。歌手デビュー前である1995年〜1996年には「学校供廚鬚呂犬甕撚茲砲盻弍蕕靴討い襦しかし、彼女はシンガーであり、デビュー後は「TO BE」、「Boys & Girls」とヒット曲を連発し、カリスマ的な存在になっていく。2003年の大晦日には、3年連続のレコード大賞を受賞。第13回日本ゴールドディスク大賞では、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーを、16回にはアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。2004年4月12日に放送された「スーパーテレビ 浜崎あゆみ…光と影 25歳の絶望と決断」では、彼女の生の声が放送された。

■適当に生きることができないから

4月12日に放送された「スーパーテレビ 浜崎あゆみ…光と影 25歳の絶望と決断」。予想通りであって、予想以上の内容だった。彼女の歌詞に共感する人が多い。その理由が垣間見えた。成功したものしか味わうことのない多大なる喜びと、それとの引き換えのプレッシャー。彼女は、そんな中でひとり戦っていることが伝わってくる番組だった。それは、この歌詞にも現れている。

心が焦げ付いて
焼ける匂いがした
それは夢の終わり
全ての始まりだった

この歌の中では、「君」として、呼びかけるように歌っているが、それは、すべて自分自身への呼びかけだと思われる。だから、心が焦げ付いたのも彼女自身。人は夢を見て、それを叶えようとして必死に前へ進もうとする。そして、近づき、手に入れ、もっともっとと進むうちに、いつか自分だけの夢でなくなる。その時、心が焦げ付き、叶えたはずの夢の終わりを見る。周りには成功者と映るが果たしてどうなのか? 彼女の夢は、エイベックスという大きな会社まで巻き込んで叶えられていったから、他の人より、大きな焦げ付きだったのだろう。
もし、浜崎あゆみが適当に生きることができる人間だったなら、ここまでの成功はなかったかもしれないが、ここまでの焦げ付きはなかったと思う。だけど、適当に生きる人間には成功はない。

■居場所

1999年元旦に発売された『A Song for XX』の中でも、「居場所がなかった 見つからなかった」と自分の居場所について歌っている、そして、今回も自分の場所をなくし彷徨う姿が描かれる。1999年以降、彼女はいったん、歌手という居場所を見つけたはずだ。でも、それは、いつか浜崎あゆみという人間の居場所ではなく、浜崎あゆみという商品の居場所であることに気づく。そして、自分を守るのは自分自身だけと思うようになる。

行き場所を失くして彷徨ってる
剥き出しの心が
触れるのを恐れて
鋭い刺張り巡らせる

悲しいことだ。人を信じられないようにも聞こえるこの歌詞。25歳の女性というより、10代の多感な少年のようだ。彼女の言葉が、共感を得るのは、彼女の言葉が真実だからだ。表面をつくろって、頑張ろうなんていわない。大丈夫とも言わない。自分自身の痛みの断片を吐き出して書いているからだろう。どんな有能なプロデューサーにもまねのできないセルフプロデュースだ。
だけど、願う。浜崎あゆみが人として人生を自分でチョイスして、会社のためでなく自分のために生きることができる日が一日も早く来ることを。

公開:2004/04/16  TEXT・みど
(c) 2003 RGS680,all rights reserved.

●メッセージ送信フォーム

このページに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。
※送っていただいたメッセージは当ホームページ上に掲載させていただく場合があります。掲載NGの場合はその旨ご記入下さい。また、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。
みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。