RGS680のTOPへ
なつかしのアイドルラブラブレビュー
あのころアイドルといえばアイドル歌手だった。
彼女たちの歌は、上手くはなくても味があった。
華やかさやきらめき、トキメキがあった。
主に80年代のアイドルからオススメシングル曲を
思い入れ込めて紹介しちゃいます。(あし)

■■リスト■■
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場

●五十六回「星屑のイノセンス」(伊藤かずえ)

星屑のイノセンスジャケット 伊藤かずえ
1988.02.16 FORLIFE
作詞:麻生圭子 作曲:小室哲哉 編曲:清水信之

 ラブラブレビュー

伊藤かずえといえば女優として息の長い活躍をしている。しかし、昔の大映ドラマ「不良少女とよばれて」(カミソリマコ!)や「乳姉妹」などでのイジメ役キャラの印象から、いまだに「怖い人」という印象を持っている人もいるだろう。顔立ちがキリッとしているせいもあるだろうが、見た目からキツイ人って感じを私も持っていた。

しかし、「はなまるマーケット」のレギュラーとなった伊藤かずえを見て、わたしの持っていたその印象は吹っ飛んだ(今さら…)。かなり「ほや〜」っとした感じの人だったのだ。まさに柴咲コウと同様で、見た目きつい感じだけど内面は穏やかな人みたい。マイペースっぽいところも柴咲コウと似ていると思った。自己中心で突っ走るマイペースでなく、のんびりマイペースって方ね。

伊藤かずえイラスト

で、伊藤かずえは実は「ほや〜」っとした人ってのは、あまり知られてないかもしれないが、彼女がシングル14枚、アルバム4枚もリリースしている歌手だったというのも、あまり知られていないだろう。もっともヒットに恵まれなかったので知られていないというのもあるだろうが。

わたしも歌手としての彼女はノーチェックだったのだが、この曲「星屑のイノセンス」は小室哲哉作曲というところで興味を持った。第五十三回で取り上げた「Follow me」(沢口靖子)と同時期にリリースされており、アイドル向けに曲を量産していた小室哲哉第一期黄金時代(勝手に命名)の作品だ。
哀愁を帯びたマイナー調のメロディーからサビではメジャー調に転調、たたみかけるような細かい符割、とまさに当時の小室お得意のパターンのこの曲、小室サウンドのパッチワークでできているようでもあるが、それも芸のうちといえよう。当時の小室サウンド好きには「Follow me」同様オススメの一曲だ。

伊藤かずえのボーカルは、イジメ役らしくドスのきいた声…なんかではなくてカワイイ声だ。誰が歌ってるか知らないで、伊藤かずえと当てられる人は少ないんじゃないかな。クセもなく普通に歌のうまいアイドル歌手って感じ。逆にそのクセのなさが彼女の歌手活動を希薄なモノにしてしまったのかも。

●あしの独断評価
歌声はアイドル度… ★★★★
まさに小室サウン度… ★★★★★
メッセージソング度… ★★

(最高で★5つ)

 気になるフレーズ

♪忘れてくれていい
 楽しかった思い出なら
 背中のぬくもりは
 そのストライドを狭くする

この曲、詞もいかにも当時の小室哲哉の曲って感じ。女性が二人称を「キミ」で歌うメッセージソングね。渡辺美里の曲のような曲、っていうわけ。
でもこの曲の詞って伊藤かずえのボーカル同様ひっかかる要素があまりなく、あまり心に残らないと感じた。断片断片のメッセージに、思い当たる節のある人は共鳴できるかも、という作りと見た。
そんな中、「ストライド」(歩幅って意味、念のため)って言葉はちょっとひっかかるし、符割の細かい小室サウンドに良く合う単語だなと思ったので、ここを取り上げてみたという次第。

 豆知識

「はなまるマーケット」のレギュラーは3月で終了。そういえば番組でカラオケが大好きみたいなことを言っていたので、歌が好きなのだろう。あ、しかも結婚相手は「SIAM SHADE」のメンバーだしな(解散したようですが)。しかも「ナースのお仕事」の劇中でも歌を披露していたという情報も。ということで、伊藤かずえと歌は切っても切れない間柄のようだ。また曲をリリースすることもあるのかもね。

 関連URL

(2004/03/27公開 文&イラスト:(あし)


このレビューに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ