RGS680のTOPへ
今日の岡江久美子 from はなまるマーケット
※「今日の岡江久美子」は番組、出演者本人などとは一切関係なく勝手に運営されています。
「今日の岡江久美子」メルマガ登録していただける方はメールアドレスを入れてボタンを押してください。
携帯電話iモード、Jスカイ向けですが、パソコンでももちろん購読できます。今日の待受画像は岡江さんだ!
iモードでドメイン指定受信している人へ

「岡江久美子のチャチャッとレシピ」
 [→この本について]

→岡江さんサイン会レポートまんが

→メルマガ紹介ページ
→今日の岡江久美子について
→Q&A
→今日の上沼恵美子
→過去の「今日の」シリーズ

→今日の岡江久美子TOP

■■バックナンバー■■


[→ RGS680.comへ戻る]

※このサイトはTBS、はなまるマーケット、岡江久美子本人などとは一切関係なく勝手に運営されています。

ちなみにTBS「はなまるマーケット」公式サイトは以下URLより
http://www.tbs.co.jp/hanamaru/

岡江久美子さん事務所
「スタッフアップ」は以下
http://staff-up.net/
[この週の振り返り]
■高田馬場から神泉(渋谷)まで歩いた岡江さん。山手線で高田馬場〜渋谷までが6Kmだから、ほぼそれくらいは歩いてますよね。でもきっと楽しみながらだったんだろうな。(文担当・(みど)
■今週柄付き衣裳が多かったですね。金曜のカットソーのテロテロ感とか、絵にうまく表現できないのが多かった。(絵担当・(あし)

ふぉーーーっと塩辛みたいに 2003/6/27(金)
■梅雨の時期は布団を干すタイミングを逃しがちということで、岡江さんの布団干し日は? という質問がヤッくんから。岡江さんちは寝室に陽が当たるので特に干さなくても大丈夫だそうです。岡江さんは綿毛布&布団派、ヤッくんはタオルケット派。岡江さんはタオルケットのループに爪とかがひっかかっちゃうのが苦手だそうです。で、布団屋さんによると、布団の干せないこの時期、除湿機をかけて広げておくのがよいそうです。と、聞いた岡江さんは、人間も一緒にいたら水分取られちゃう、とこんな表現で不安そう。【服装チェック】大人の花柄カットソー

指をなめながら、風でこっちが西だとか。道なき道を。 2003/6/26(木)
■昨日のオープニングで、今日から晴れると言ってしまったのに、どんよりな空模様。これは天気予報が外れたということで岡江さんのせいじゃないですよ、とヤッくんがフォロー。天気予報の的中率は全国平均81%なので、今日は残りの19%です。1966年の今日は、日本で初めてオリエンテーリングが開催された日。ヤッくんがオリエンテーリングを説明するも、経験のない岡江さんにはあまり伝わらず。しかし、昨日、高田馬場から神泉(渋谷)まで地図も持たずに2時間近く歩いた岡江さん。これ、結構な距離ですよ。これぞ、岡江式オリエンテーリング!【服装チェック】テーマは水色

台所で、なめくじかなと思ったら、しいたけだった。端っこ。 2003/6/25(水)
■今日は雨模様、洗濯をして部屋の中に干してきた岡江さん。天気予報を見たら明日からしばらく晴れるそうで、ちゃんと天気予報を見てからすれば良かったと悔しそう。そしてはなまわる君登場。ベランダでクワガタを見つけたというお便り。でも最初見た瞬間ゴキブリかと思ったそうです。東京の真ん中ではクワガタなんて自然では見られませんよね。そんな見間違いから岡江さんは昨日のこんな体験を。【服装チェック】スタンドカラーっぽい綺麗なオレンジカットソー

雰囲気? ふぅー、うーでいきましょうか? とか 2003/6/24(火)
■本日、「ドレミの日」。1024年にイタリアの僧侶が賛美歌を歌うためにドレミの音階を定めたそうです。それまではどうやって歌っていたのでしょうね? という疑問に岡江さんはさらりとこんな答え。岡江さんは絶対音感を持っていると発覚。そして、ヤッくんは譜面が読めないのにその昔、作曲をしてその印税を今もいただいていると告白。一応歌手だったんでと恐縮そう。【服装チェック】グレーのワンピース、裾にもお花のコサージュが

がんばりました。だらだらの汗かいて 2003/6/23(月)
■週末暑かった東京地方。最高気温が33℃まで上がりました。ヤッくんはその時間、お子さんのサッカーの試合を見に行って、足がすごーーく焼けてしまったとか。岡江さんは、8月の暑さに備え、こんなふうに暑さと戦ったようです。そして、曜日レギュラー原さんも交え、間違いの多い慣用句について。「流れに棹さす」は、傾向に乗って、勢いを増すという意味と判明。岡江さん曰く「流れにオールで漕ぐ」と。これで覚えられそう? にしても、日本語は難しいですね。【服装チェック】眩しいほどの白のアンサンブル!

▲このページの先頭へ


(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ