RGS680のTOPへ

特別企画アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念・アイドルミラクル対談

2ページ目(全5ページ)

[→RGS680 TOP]

■なつかしのアイドルラブ&レビューのバックナンバーは以下より
■情熱のささやき(小高恵美)
■禁断のテレパシー(工藤静香)
■かしこ(うしろゆびさされ組)
■星屑のイノセンス(伊藤かずえ)
■少女・熱風・天然色(石田ひかり)
■天気予報はI Luv U(森尾由美)
■Follow me(沢口靖子)
■雨のチャペル通り(石野陽子)
■サクラが咲いた(西村知美)
■いちごがポロリ(本田理沙)
■ロコモーション・ドリーム(田村英里子)
■眠れぬ森の美女(高岡早紀)
■スウィート・チェリーパイ(北原佐和子)
■風のプリマドンナ(宇沙美ゆかり)
■プロフィール(倉沢淳美)
■涙をたばねて(小川範子)
■青い制服(国実百合)
■異性(速水昌未)
■妖精ポピンズ(ポピンズ)
■Get a Chance!(BaBe)
■男のコになりたい(酒井法子)
■とまどい(吉田真里子)
■曇り、のち晴れ(志村香)
■SAYONARA(八木さおり)
■恋のピー・カー・ブー(島崎和歌子)
■秋のindication(南野陽子)
■初恋進化論(藤井一子)
■時代よ変われ(つみきみほ)
■飛んで火にいる恋の虫(松本友里)
■アドベンチャー・ドリーム(アイドル夢工場)
■麦わらでダンス(生稲晃子)
■応援してるからね(藤谷美紀)
■ドリーム ラッシュ(宮沢りえ)
■硝子のキッス(姫乃樹リカ)
■風のInvitation(福永恵規)
■好きと言いなさい(本田美奈子)
■あいつ(白田あゆみ)
■失恋ライブラリー(紘川 淳)
■愛を今信じていたい(堀ちえみ)
■やったね!春だね!!(ソフトクリーム)
■卒業 GRADUATION(菊池桃子)
■卒業(斉藤由貴)
■レースのカーディガン(坂上香織)
■エスケイプ!(五十嵐いづみ)
■NEW SEASON(森高千里)
■好きさ!(仲村知夏)
■水の星へ愛をこめて(森口博子)
■ヤッパシ…H!(浅香唯)
■冬のオペラグラス(新田恵利)
■クリスマスには間に合わせたい(小沢なつき)
■BRAND-NEW TOMORROW(千葉美加)
■小娘ハートブレイク(伊藤美紀)
■キミはどんとくらい(立花理佐)
■愛って林檎ですか(岡本舞子)
■春休み(水谷麻里)
■トキメキがいたくて(伊藤智恵理)
■太陽を抱きしめろ(セイントフォー)
■好き・嫌い(麻田華子)
■ほんとのキスをお返しに(藤原理恵)

●アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念
■アイドルミラクルバイブルシリーズ発売記念イベントレポート
■アイドルミラクル対談

●アイドル関連特別企画
■原点回帰のアイドルたち
■聖子の娘に人生を教わる
■680(ロバヲ)登場


コロムビアミュージックエンタテインメント編

コロムビアミュージックエンタテインメント

高見知佳原真祐美志村香守谷香

(曲数は予定です。変更される場合があります)

声が低いよね・原真祐美。三原順子と伊藤かずえを足した感じ?

(あし):
じゃあコロンビアから。コロンビアは香ちゃん二人ですね。
(えパ):
コロンビアじゃないんだけど。コロムビア。恥ずかしいよ。
(あし):
すまん…。
(えパ):
コロムビアは4人が選出されてます。私的にはとりあえず全部買いますが、原真祐美がうれしいです。
(あし):
原真祐美って何年くらいにデビューした人??
(えパ):
83年に「決心」でデビューのようです
(あし):
もっと昔の人かと思った。あんまり印象がない。
(えパ):
では、原真祐美でも聴いてみましょうか。「Bye,Bye,September」です
(あし):
おお!この曲は聴いた事ある。このジャケットの画像なんかおばさんぽくない?
これで40歳とかいっても納得しそうな。
原真祐美イラスト
(えパ):
私歌っているの見たことあるような気がする。
(あし):
声もおばさんぽいね。
(えパ):
そんな、きれいだよ。時代が悪いのか。歌唱力はあるよね。当時は私小学生だったので夢中にはなれませんでした。
(あし):
じゃあなんで今気になる存在なの?
(えパ):
今の歌もいいけど歌謡曲が聴きやすい。また違った感じで聴けるから。
(あし):
12曲目の「てんてん娘」ってのが気になるが…。タイトルがステキ。
(えパ):
おしえてアイドルコロムビアリスペクトより「夕暮れはLove Song」と「夏のレッスン1(one)」、「そっとさよなら」をお聴き下さい。
(あし):
夏のレッスン1(one)は佐久間正英編曲のようだね。GLAYやジュディマリのプロデューサーとして有名な。
夏のレッスン1のB面が「てんてん娘」みたいだよ。フジテレビ月曜ドラマランド「てんてん娘」主題歌ってジャケットに書いてある(「おしえてアイドルコロムビアリスペクト」のブックレットにジャケット写真が載ってました。)。
(えパ):
佐久間さんと言えばソフトクリームもそうだよね。
(あし):
この曲はちょっと面白いね。「夏のレッスン1」。疾走感がある。
(えパ):
声質が誰かに似ていない?
(あし):
声が低いよね。原真祐美。
(えパ):
三原順子と伊藤かずえを足した感じ?
きゃぴきゃぴ系には売りにくいね。正統派美人。昔の人って感じがする。今も変わってなさそうだね。昔から年上に見える人って年取っても変わらないって言うし。
(あし):
I'm talking loveって何だよ? へんな歌詞。確かにいまでも昔と同じ顔してそう。「そっとさよなら」はムード歌謡ですな。歌詞にウォークマンってのが出てきますね。商品名かよ。
(えパ):
二年前のスエットシャツって歌詞もすごいね。トレーナーと言わないところがいい。トレーナー日本語だし。
(えパ):
そう言えば、最初デジパック仕様とか言ってたんだけど、通常仕様になってよかった。豪華カラーブックレットとスーパーピクチャーレーベルで十分。そのほうがいい。
(えパ):
落ち着いてるね、何歳の時に活躍してたんだっけ?
(あし):
1966年生まれです。原真祐美。17歳でデビューということですね。
(えパ):
えーーーーー!
(あし):
17歳の顔じゃないよ。ジャケットの写真。銀座のホステスみたいだもん。

いろんな人が楽曲提供してる・高見知佳。「怒濤の恋愛」は必聴!

(あし):
じゃあ次高見知佳ね。
(えパ):
私、リアルタイムの記憶は「くちびるヌード」しかない。とりあえず我が家にある彼女の曲を聴いていきましょう。
(あし):
「くちびるヌード」は名曲だったよね。EPOの作詞作曲ですね。今でも地道に活動してるらしいですよ。EPO。
(えパ):
高見さんの代表曲ですね。
(えパ):
『音故知新』に入っているくちびるヌードを聴きましょう。
(あし):
アレンジがいいね。くちびるヌード。アジアンっぽい感じ。
(えパ):
いやはや、私ジャングル・ラブのほうがいいなあ。この時のイメージガールは誰だっけ?
(あし):
資生堂キャンペーンCMソングのコンピレーションCDにも収録されてますね。ここにCMモデルの人の名前も載ってます。
(あし):
怒濤の恋愛は作詞が戸川純、作曲矢野顕子なんだ。すげー。編曲が戸田誠司でテクノっぽくもあり。
(えパ):
すごいですね。話題作だったんでしょうね。セールス的にはどうだんたんでしょうか?どろどろどっくん。
(あし):
「怒濤の恋愛」はラストシングルらしいです。ドロドロドックン(こういう歌詞があるのだ)。
(えパ):
怒濤の恋愛ラストシングルなの? 色んな意味ですごい。声に表情がありますよね、高見知佳。2枚組で出るのもすごいです。
(あし):
いろんな人が楽曲提供してるね、長渕剛作曲とか太田裕美作曲とか秋元康作詞とか。高見沢俊彦作詞作曲の曲もある。
(えパ):
楽曲には恵まれていたんだね。
(あし):
ある意味80年代の歌謡曲テイストあふれるアルバムかもしれませんね。作家陣だけ見ても
(えパ):
ジャングル・ラブをどうぞ♪
(あし):
ジャングルラブのバックの演奏はムーンライダースだそうです。ライダースファンの人は必聴ってことで。
(えパ):
いやはや、改めて色々聴いていると80年代好きの人にとってはたまらないですね。

通常モードがファルセット(裏声)・志村香。歌唱力は森尾由美に匹敵?

(えパ):
つぎ、志村香聴きますか?彼女のシングルAB面にアルバムの楽曲も全てはいる予定ですね。これは、買いですね。
(あし):
志村香は以前にベストとか出てなかったの?
(えパ):
出てないんじゃないかな?
(えパ):
アルバムあんなに高値で取引されてたし(ネットオークションなどで)。
(あし):
今聞いてるこのCDは非常に価値のあるCDってことですね。でも歌唱力は森尾由美とどっこいどっこいといったところでしょうか?
(えパ):
森尾さんの方がすごいと思うけど。このころのアイドルって口パクじゃなくてちゃんと歌ってたりするのが偉いよね。でも、おはよう朝日ですですらちゃんと歌っていると思いこんでいた私は口パクを見分けるのが苦手です。
(あし):
歌番組も生演奏が多かったしね。
(えパ):
志村香と言えば菊池桃子路線で最初の頃は頑張ってました。「危険がいっぱい」のシングルは地声でちゃんと歌っていますよ。
(あし):
他は地声じゃないってこと?
(えパ):
アルバムの9曲目も地声で歌ってそうですね。「KI・RA・RA」です。昔これ聴いて怒っているのかと思いました。
(あし):
開始早々コーラスの人が主メロを一緒に歌ってるじゃん。こんなのあり? マラソンのペースメーカーみたいな役割をコーラスの人が。
(えパ):
よく聴いたら完全な地声ではないですね。
(あし):
たしかに、これは裏声じゃなく歌ってますね。通常モードがファルセット(裏声)なんですね。
(えパ):
声量が足りないので昔この曲とばしてました。こわかったし。今は好きです。
(あし):
谷山浩子っぽくないのも気になりますね。この曲。
(えパ):
え、谷山浩子だったの? たみちゃーん。 ♪うさぎー
(あし):
ぜんぜんメルヘンっぽくないです。この曲は。怨念っぽい。
(えパ):
名盤になると思いますので、迷っている人は志村香はおすすめです。「曇り、のち晴れ」のレビューを以前書いたので、そっちもよかったら見て下さい。

哀愁感たっぷり・守谷香。結婚相手でも話題に

(えパ):
守谷香のデビューの時の宣伝って半端じゃなかったよね。あれで、ひいた。まさか入らないだろうと思っていた「予告編」のベストテントップテン入りでますますひいた。
守谷香イラスト
(あし):
地味な顔だよね。奥二重?
(えパ):
ひいたままだったんだけど、キューティーズ・クリスマスに収録されていた「Rainy Christmas」聴いて反省した。それから急いで全部買いそろえた。素晴らしいです、守谷香。哀愁感たっぷり。
(あし):
微妙な音程だね、「予告編」。微妙にはずしてるところがひっかかる(いい意味で)。キーがあってないのかなぁ。予告編。妙に違和感が。
(えパ):
予告編は確かに完璧に歌い切れてない、そこがいいとこかも。途中からはかなり聴かせてくれます。
(あし):
うん。そこが予告編なんでしょう。
(えパ):
いわゆる彼女のベスト盤の『失恋座』で歌い直して欲しかった、「予告編」。
(あし):
予告編(完結編)とかね。
(えパ):
ああ、それいい。旦那さんのCDに収録して欲しい。
(あし):
旦那は元X JapanのToshiですね。
(えパ):
でも、彼女の代表曲と言ったらやっぱりあれでしょうか?
(あし):
キテレツ大百科のテーマソングですか?
(えパ):
そう。「お嫁さんになってあげないゾ」です。
(あし):
Toshiはお嫁さんになってもらったゾ、と。
(えパ):
はい、なんなんだこのタイトルって最初思いませんでした?
(あし):
ToshiはForever loveを誓ったんでしょうか?
(えパ):
「あの空は夏の中」も名曲です。銀色夏生に筒見京平です。
(あし):
いい曲だけど、他の人が歌ってもいい曲のような気もする。まあアイドルソング好きには評判良さそうな曲ですね。
(えパ):
確かに歌いやすそうな歌です。
(あし):
「レディ・クエスト」いいじゃん。アニメ「ハロー!レディリン」テーマソング。アニメ主題歌っぽい。子どもも歌えそうな。 こんなの見つけました。
(えパ):
島田奈美もコロムビアでしたね。彼女もハロー・レディという歌を歌ってました。カラオケでよく歌います。
(あし):
なんとなく酒井美紀みたいなポジションのような気がするのですが>守谷香。外してる?
(えパ):
似ているようで、違うね。そんなに酒井美紀ほど器用じゃないと思う。
(えパ):
このCD売れたら、彼女に歌唱印税は入るのでしょうか?生活の足しになってくれるといいなと思います。
(あし):
「マジカルBoy マジカルHeart」って曲は変な曲ですね。「ねぇねぇ世間の噂では きみの頭の中で 天地創造ビック・バン始まってるそうね」だって??
(えパ):
マジカルバナナが流行っていた頃でしょうか?

まえのページ(トップ)| 2/5 | つぎのぺーじ(東芝EMI編)

トップ →東芝EMI編 →ソニー編 →さいごに

(2003/11/1公開(あし)・2003/11/8更新)


このページに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

※送っていただいたメッセージはホームページ上に掲載させていただく場合がありますので、おなまえは掲載されてもいい名前(ペンネームなど)でお願いします。e-mailは公開しません。

みなさんのレスポンスがRGS680サイトを作る原動力になります。
是非ともよろしくお願いしマンモス。

おなまえ:
e-mail:
メッセージ:
 

▲このページの先頭へ
[→RGS680 TOP]

(c) RGS680 Mail mailto:info@rgs680.com RGS680のTOPへ