連ドラっ子画報

イラスト&テキスト・芦之由
2004/06/22公開

第四回:新貴公子

韓国ドラマのタレントたち(韓流スター)をイラストで紹介していこうというこのコーナー。第四回はホームドラマチャンネルで放送中の「新貴公子」です。

新貴公子
(2000年 MBC、キム・ヨンナム、チェ・ジウ)
SKY PerfecTV! ホームドラマチャンネル362 日曜深夜2:00〜ほか

新貴公子イラスト1

育ちも身分も価値観も全くかけはなれた二人が、ふとしたきっかけで出会った。最初は反発し合う二人だが、お互いの人柄にふれるにつけ、DanDan気になる〜♪関係に。はたして二人の恋の行方は…? といったありがちなラブコメ話なのだが、面白い。売れない監督やおちゃめな秘書、悪役然とした悪役など、キャラ揃いで楽しめる。

新貴公子イラスト2

「冬ソナ」でおなじみのチェ・ジウ(최지우)が出ているんだけど、冬ソナとはかなりイメージが違う。何が違うって、声が田中美里じゃない。いや、それは吹き替えじゃないからなんだけど、まあそれを抜きにしてもかなり違った印象だ。 冬ソナでのユジン役では、髪も黒く短く、活発でちょっとボーイッシュな印象だが、「新貴公子」では気品高くお嬢様然としてフェミニンな感じがする。化粧が濃いからというのもあるだろうが。

相手役のキム・スンウ(김승우)は、美男子過ぎず好感の持てる顔立ちだが、どうもアナウンサーっぽい顔のような気がする。TBSかテレ朝の局アナのような顔だといえば、当たらずしも遠からずなんじゃないかな。

※文中タレント名後の括弧内にハングルでの表記を入れてあります。Googleなどの検索エンジンでの検索時にコピーして使ってください。
ハングルが表示されない環境で、なおかつ表示してみたいという方は、以下のページなどを参考に設定してみてください。Windows XPやMac OS Xでは標準で表示できるはずです。
»PCに韓国語を表示させよう:スペースアルク

▲このページの先頭へもどる
»このコーナーのもくじ
»あしのコーナー TOP
»RGS680 TOP

状況:

このページに関する感想、ご意見などをお寄せ下さい。

書き込んでいただいたメッセージは、作者あてに送信されます。そのままホームページ上に公開されるわけではありません。
ただし、ホームページ上で紹介させていただく場合がありますので、おなまえはペンネームなどでお願いします。掲載されたくない場合は、その旨書いておいて下されば掲載しないのでご安心ください。








-->

PR

韓ドラホリック—私が韓国ドラマを好きな理由」(Rinko・リヨン社/二見書房)のイラストを担当しました。[→詳細]

付記

このサイトは、blosxom(ブロッサム)というブログツールを利用して運用しています。